読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植物先生

こんなに元気に成長中。

100円ショッププランツ

f:id:seasonsoflove:20170401091936j:plain

植物はきっとプラーナを食べて生きてるに違いない。

食べるものは、その人や植物を形成していく。

何かに侵食されると植物が枯れたりして教えてくれる。

その人が元気なら元気に育つ。

疲れてると思っていたけど、結構元気だったのかもしれない。

と思うと、ますます元気になる⁽⁽ଘ( ˊᵕˋ )ଓ⁾⁾

さぁ、新しい月、元気にいい日過ごして生きましょう😊

広告を非表示にする

パラオ旅行②

パラオの食事。

わたくし、今回すべてベジミールでした。機内食も、現地でのものも全部。

そのほうが調子がいい。っていうのが理由なので、お肉はもう食べていないのですが、お魚は食べる機会がある時は食べていました。

朝ごはんは、ご飯、お味噌汁、納豆、漬物、をホテルでいただき、

 

お昼は大体お弁当や和食屋さんで、

f:id:seasonsoflove:20170328005819j:plain

日の丸弁当に、ドラゴンフルーツ。

f:id:seasonsoflove:20170328005915j:plain 完璧なまでのおいしーい漬け丼。

これ全部ベジミール。左上のグレーのはお芋。これが美味しかった。あとはここには載っていないけど、ういろうのような、舟和の芋ようかんのような、不思議なおいしい食べものがありました。原料は芋?タピオカ?

 f:id:seasonsoflove:20170328010015j:plain

どこに行ってもご飯がおいしいです。

とても親日の国ですので、和食やさんも多いし、味付けもとても食べやすいです。

もちろん、アメリカの統治下にあったので、お肉なども多いですが、マックのようなチェーン店は一軒もありません。

私はベジミールでしたが、そうでなかった場合、、結構がっつりお肉が出ていたようです。そして、なんと・・・フルーツバッドと呼ばれるこうもりのスープなんかもあったらしいです。まあお国それぞれの食べものですので、いろんなものがでてきますよね。

でも、時差がないうえに、食事もいい!ということで、海外では珍しく、ずっと調子よく過ごせました。

 

 

そしてなんといってもお酒がおいしかったー。

パラオビールもあり、

 f:id:seasonsoflove:20170328010107j:plain

そしてそして、今回めちゃくちゃはまったのが、パラオレモンのレモンチューハイ。

たくさん飲んだのに、なんと写真はございません。

ごめんなさい。

でも道路にパラオレモンの木はわんさかあります。

 f:id:seasonsoflove:20170328010217j:plain

 実がなってるの分かりますか?↑ライムみたいな小さなレモンです。

 

食事の写真をたくさん載せたかったのですが、大体いつも、飲んで、しゃべって、踊って・・・ビデオとって・・・飲んで、しゃべって、踊って・・・写真撮って・・・飲んで(エンドレス、笑)の繰り返しでした。

踊る場所なんてどこにもありませんが、歌えや踊れやの楽しい開放的な気持ちになっていくのです。

開放的な気持ちになることは、本当に人と人との距離を縮めてくれて、お食事タイムに他のグループの日本人の方とも、外国の方とも、現地の方ともとてもフレンドリーにお話しをする機会に恵まれました。

 

あとは、「とりとり」という日本食のお店にて、炎天下の中を色々と散策して、疲れた後での昼食時。

きゅうりとライムの飲み物。

f:id:seasonsoflove:20170328010356j:plain

これが、本当に暑さをとってくれて、口、喉、胃だけではなく、体全体を見事にすっきりさせてくれました。もう一回飲みたい一品。

 

現地のスーパーにも行きました。

 

f:id:seasonsoflove:20170328010507j:plainむかーし、台湾に友人と行ったときに、異常に話しかけられる私を同行の友人が笑っていましたが、今回もまた色々と話しかけていただきました。

スーパーでは現地のおばちゃんが芋料理について教えてくれました。揚げバナナの事とかね。スーパーでレシピが調達できるともなれば、もう住めるな、って思いますよね。

広告を非表示にする

三浦大知

この間のテレビA-Studioの録画で気になっていたんだけど、ちゃんとパフォーマンスを見たけど、かっこいーーーー!

 

あんな風に踊れたらかっこいい!

と思わず何度もリピートしちゃいました。

PVよりもTV用のダンスの方が好きだなあ。

 


三浦大知 (Daichi Miura) / 「Darkest Before Dawn -Music Video-」

広告を非表示にする

開運元年@春分の日

春分の日は,

地球の赤道を天に延長したものが
黄道(太陽の通り道)と交わる春分点

太陽が通り過ぎる時間を含む日

を指しているそうです。

 

太陽が新たな一年を歩むので、新たな一年の始まりの日ですね。

春分の日は区切りや始まりのエネルギーが高まるそうです。

 

今年の春分の日、みなさんはどう過ごしましたか。

私の春の3連休は、自身の勉強の為、関東で過ごしました。桜も咲き誇り、人もたくさん集まり、春爛漫、どこも賑わってました。下の写真はアジフライ。ふわっふわで、おいしかったー!

さらに私の好物入りとなったもなかの入ったお味噌汁も最高でした。

漁港隣接のお店でしたが、ここも満員、30分くらい並んで食べました。

 

今回数々の急な予定変更などもありましたが、それらも冷静に、さらに楽しめてる自分にびっくり。愚痴に行くのか、楽しめるのかその紙一重の分岐点をたくさんみちゃいました。

瞑想をして深めるのも、日常で自分の思考や行動をみていくのも両方必要。

今回の関東は超奇跡体験があり、つるんと開運しちゃった感じがあります。

おかげで私の今年の春分は、開運元年になりました。

運は勝手に開いていくものだとずっと思っていましたが、自ら切り開いていくものですね。突破口さえ切り開けばどんどん勝手に広がっていくのだと、そう感じました。他力ではなく、自力が必要です。

私にとってこの3連休は自力のチカラを鍛えるかなり貴重な体験でしたが、自分の胸の内にばかりしまうことなく、皆さんとも共有できるように考えています。乞うご期待!

 f:id:seasonsoflove:20170322115458j:plain

 

広告を非表示にする

冷静と情熱のあいだ

f:id:seasonsoflove:20170322215715j:plain

江國香織辻仁成の本がありましたよね、冷静と情熱のあいだ

むかーし読んだ本です。ふと思い出しました。

女性の側から見た話と、男性の側から見た話。

男女の物語。相手との出来事、過去の事、いろんな物事を男女それぞれの面からみた本。

絶対両方読んだほうがいいです。めっちゃ面白い。

若かりし頃の私は同じ事象でも男女でこんなに感覚違うんだなって、初めて感じてびっくりした覚えがあります。本当に面白い企画と設定でした。

勘違い。すれ違い。思い込み。

竹之内豊と、香港の女優さんで映画にもしていたけれども、断然小説を読んだほうが楽しめます。話自体は明るい話ではないですが、イタリア・日本を舞台にした恋愛の魅力的な話でした。春休みのんびり本を読みたいと思う方、よかったらぜひ。

冷静と情熱のあいだ―Rosso (角川文庫)

冷静と情熱のあいだ―Rosso (角川文庫)

 
冷静と情熱のあいだ―Blu (角川文庫)

冷静と情熱のあいだ―Blu (角川文庫)

 


広告を非表示にする

パラオ旅行①

先日パラオに旅行に行ってきました!!

体験したこと・感じたことが山のようにあるのですが、そこでとても感じたのか「教育」について。

というのも、やはり外国では、当たり前がないのです。それが当たり前。

 

世界遺産パラオの海を満喫する、シュノーケリングカヤックツアーに参加した時のこと。

シュノーケリングでは初めて見る珊瑚や魚をたくさん近くでみて、カヤックでは、透明度の高い穏やかな海を漕ぐ・・日本では見ない鳥の声を聞いて、下をみるとそこには色とりどりの珊瑚や魚が見える。

f:id:seasonsoflove:20170316144007j:plain

 わぉ~キレイ!

 

口笛なんかも吹いちゃって鳥と会話~とか心底童心に帰ってました。

そんな楽園のような場所を我々のボートはどのポイントに行ってもラッキーなことに独り占め状態でほかの観光客とダブる時がありませんでした。

もちろん、ボートでたくさんいろんな観光客にはすれ違ったのですが、シュノーケリングカヤック、全身泥パックできるポイントでは他とかぶることなく、大自然独り占め状態。超ラッキー☆

 

あ、つい感動が先走ってしまいましたが、本題。

 

唯一カヤックの時に、中国の観光船と一緒になりました。入れ違いでしたけど。

 

彼らはシュノーケリング。そう、海に潜るんです。

なのに、、、

観光船は選挙カーの如く爆音で音楽を鳴らし始めました。

驚く我々一同。

 

世界遺産で爆音で聞くチャイナポップス。

そしてみんなは、海のなか。

そりゃ魚もびっくりして逃げちゃうよ~。なんだかなぁ。

 

あまりのことに、最初は唖然。不快というよりびっくりです。

とにかくそれまでの世界遺産に浸っていた環境や自然の声がかき消されたように感じました。

 

ツアーから帰ってきてから、夕飯時に、再びみんなでその話になりました。

世界遺産で、浜茶屋かよ~。もう考えれない~、そんな文句をぶーぶー言っていました。

 

ふと、何度もパラオに行っている同行の日本人が教えてくれました。

彼らはなにも教育されていない。そういう教育を受けている。他を知らない。って。

うるさいのも、汚くするのが迷惑という教育をされていない。

悪いのは人ではなく、教育の在り方だ。と。

 

目から鱗でした。

 

そんな風に考えた事がなかったでした。確かにうるさい、汚い等々の現状はあったとしても。

教育の在り方がこんなにも自分の在り方に差が出るのかと思って。

教えや概念が形成されていく過程をあなどってはいけませんね。

そして、そのことで差別をしている自分がいるのも確かでした。

いいか悪いかはまた別の話ですが、とても重要なことを教えていただきました。

肝に銘じなくてはならない出来事となりました。

出会わなければ気づきませんでした。教えてくれてありがとう、爆音観光船。

f:id:seasonsoflove:20170316144115j:plain

 

f:id:seasonsoflove:20170316145525j:plain

 

 

 

広告を非表示にする

女の子の節句と、女性の日

f:id:seasonsoflove:20170303142019j:plain

3日のひなまつりのグーグルのお雛様とお内裏様の色合いが素敵。

私の時には、我が家にお雛様はいませんでした。

が、さすが孫となると違います。毎年諸事情により我が家に飾ってありますが、いるだけで、なんだか華やかさが違いますね。本物があるとやっぱりいいものです。

映画衣裳で有名な、ワダ・エミさんのお着物のお雛様で、衣裳が本当にかわいらしいのです。女の子って今も昔も、やっぱり服やメイクや小物やそういうので気分が上がるんでしょうね。

f:id:seasonsoflove:20170306083857j:plain

お孫ちゃんのお雛様が来るまでに、そこかしこでかわいいお雛様を買ったりしていたので、今我が家ではあっちにもこっちにもお雛様。私の部屋には、二つで一つ的な素敵な方が来てらっしゃいます。

 f:id:seasonsoflove:20170306083931j:plain

そんな女の子の日に、あさから、あさイチでは小池百合子都知事がプレミアムトークにでてました。

女性の自立とか、社会進出もそうなんでしょうが、ただ目標に向かう話に強い人なんだと嬉しくなりました。ピラミッドの上で着物きて抹茶というご褒美は可愛らしい(*˘︶˘*).。.:*♡

その可愛らしさがあってこそ、女性は素敵であり続けるのだと、周りの尊敬する女性を見ていても思います。

 

さらに3月8日が国際女性デーだったかで、西原さんの新聞記事を見ました。

大好きな作家さんです。出会いは毎日新聞のまんがからだったのですが、初めて見たときは、見たことない画だし、内容あけすけだし、すごいなーっが第一印象。

今や漫画も文章もとても愛情深く、体験による真実だと信頼できます。

 

そんなの素敵な西原さんのグサグサきた記事。

寿司と指輪は自分で買おう

朝日新聞です。

危機回避のところ、本当に重要です。

タイトルなんだかすごいですが、この教え、教育方針って素晴らしいと思います。