手作りリンス

昔から、手作り石けんにとても興味があり、前田京子さんの本をよく読んでました。

そこで初めて知りましたが、市販の石けんは製造過程でグリセリンを抜いているんだそう。手作り石けんと書かれているものはグリセリンが含まれたままです。なので使い心地が本当にしっとりしています。その差は使ってみて一目瞭然!手作り石けんはまだ作っていませんが、髪を石けんで洗い始め、リンスは手作りにしてみました。

アロマオイルで香りを足せて、髪もしなやかになり、いい事尽くしです。

以前も髪の毛から身体から顔から、ぜーんぶ石鹸を使っていました。私の第1次石鹸ブームでも同じく、手作りリンスをつくっていたのですが、その時は酢を使っていました。酢を使ったリンスは、やはり酢独特の匂いが髪に残る感じがちょっといまいちなんですよね。さらさら感は抜群だったのですが。あとお風呂場が酢のにおいで充満してしまう(笑)というネックが。リンゴ酢とかいろいろ試したんですけど、当時は思うように解消できませんでした。

今回は手軽さと、アロマを楽しめるので、しばらくはクエン酸リンスでいこうかと思います。

ちなみに今回は、

クエン酸大2

グリセリン大1弱

水道水600ml

がアロマオイル10滴位

です。

アロマは、ラベンダー、ローズマリーゼラニウムを使いました。

アロマのおかげで毎日のお風呂が楽しいです。

ちなみに、600ミリを2瓶に入れてからアロマオイルを入れたので、オイルブレンドは若干違うんです。さっぱりとしっとり。これまた楽しみ倍増。同じオイルを使って、全く異なる感じになりました。

 

使い方は洗面器にお湯を入れ、そこにリンスを適量。髪の毛をつけて?ひたして?あとは洗い流します。

f:id:seasonsoflove:20160729183705j:plain

自分の身につけるものがお気に入りになると、こうも気分が変わるんですね。

前回ブームでは、本を読んではみたものの、物を揃えるのが大変そう、冬の新潟は石鹸固まるのに何か月かかかりそう、など、おもーい腰がさらに重く持ち上がりませんでしたが、今回は夏!一回くらい作ってみようかな。そしたらきっとお風呂場から出てこなくなる、、、でしょうね。

広告を非表示にする